『介護福祉士国家試験に受かる気がしない』という人が不安や後悔に打ち勝つための9つの学習リソース!

※この記事には広告が含まれる場合があります。

合格率が7~8割近くあるとされる介護福祉士国家試験に、何故、多くの受験者が落ちてしまうのでしょうか?

試験に受かる気がしないという人が、不安や後悔に打ち勝ち、無事合格するための方法について解説していきます。

介護福祉士国家試験に落ちる人の特徴ってあるの?

多くの場合、試験に不合格となる人々には、いくつかの共通した特徴が見られます。

油断している

介護福祉士国家試験の合格率が比較的高いことから、「誰でも受かる」と油断してしまう人がいます。
しかし、このような過信は、十分な準備を怠る原因になり得ます。

勉強時間の不足

介護の実務経験が豊富でも、専門知識をカバーするための十分な勉強時間が確保されていないことがあります。
忙しさや日常の義務に追われ、勉強に十分な時間を割けない人が多いのです。

過去問を解いていない

過去問や模擬問題を解かないと、試験の傾向や対策を理解することが難しくなります。
これらの問題を解くことで、試験の形式や、よく出るトピックに慣れることができます。

実務経験の過信

「実務経験があるから大丈夫」と考える人もいますが、試験では実務経験だけではカバーできない専門的な知識が問われます。

出題形式への理解不

試験の形式や合格基準を正しく理解していないと、適切な対策が取れません。
試験の形式や内容を知らないまま受験すると、合格に必要なポイントを見逃す可能性があります。

これらの特徴を避け、計画的な勉強方法を取り入れることで、試験に向けた準備を効果的に進めやすくなります。
自己分析を行い、これらの間違ったアプローチをしていないか定期的に確認することが重要です。

学習計画を立てるコツは?

効果的な学習計画は、介護福祉士国家試験の成功にとって重要です。
計画を立てる際には、以下のステップに注意を払うと良いでしょう。

試験内容の理解

まず、試験の範囲と形式を正確に理解することが必要です。
どの科目が含まれているか、どのような形式で問題が出されるかなど、詳細を把握しましょう​​。

長期計画の設定

試験日までの期間を見据えて、長期的な学習計画を立てます。
勉強する時間や、各科目をいつまでに終えるかなど、大枠のスケジュールを作成します。
(試験の半年前から準備を開始することが理想的)

短期目標の設定

長期計画を実行可能な短期目標に分解します。
例えば、週単位や月単位で終わらせるものを明確に設定します

学習の優先順位付け

自身の強みと弱みを分析し、弱点となる科目にはより多くの時間を割くようにします。
この分析は、過去問を解いてみることで行えます​​​。

柔軟性の確保

計画はあくまでガイドラインです。
進捗に応じて計画を調整する柔軟性を持つことが重要です。

定期的な進捗確認

定期的に進捗を確認し、計画を見直しましょう。
遅れている場合は、どのように追いつくか考えます。

リラクゼーションと休息の計画

効果的な学習には、適切な休息も必要です。
疲れたと感じたら、短期間の休息を取ることも計画に含めましょう。

このように計画を立てることで、学習効率が上がり、試験に向けた準備がスムーズ進みます。
計画は柔軟に、そして現実的に設定することが、成功への鍵となります。

効率的な勉強法とは?

介護福祉士国家試験に合格するための効率的な勉強法は、単に多くの時間を割くだけではなく、どのようにその時間を使うかが重要です。

詳しくは、介護福祉士国家試験に合格するための7つの勉強法!で解説しています。

介護福祉士国家試験に効率的な9つの学習リソース

これらのリソースをうまく活用することで、学習の効率を大幅に向上させることが可能になります。

1.公式テキストと参考書

まずは基本となる公式テキストや定番の参考書を手に入れましょう。
これらは試験の範囲を網羅しており、基礎知識の構築に必須となります。
市販されている参考書では、試験によく出るポイントが解説されているものを選ぶと良いでしょう。

2.オンライン資料と講座

インターネット上には無料で利用できる学習資料や講座が豊富にあります。
特に、動画講座は視覚的に理解しやすく、隙間時間を利用して学習するのに適しています。

3.過去問題集

過去の試験問題を集めた問題集は、試験の傾向と対策を理解するのに非常に有効です。
これらを定期的に解くことで、実際の試験に向けた準備ができます。

4.アプリと電子ツール

スマートフォンやタブレットを使って学習することは非常に便利です。
学習アプリや電子フラッシュカードを使用することで、いつでもどこでも学習を進めることが可能になります。

5.学習支援センターや図書館

地域の学習支援センターや図書館を利用することもおすすめです。
これらの施設には、学習に役立つ書籍や資料が豊富に揃っています。

6.オンラインフォーラムとコミュニティ

オンラインのコミュニティやフォーラムに参加することで、同じ目標を持つ仲間と情報交換を行うことができます。
互いの経験や知識を共有することで、学習に対する新たな視点を得ることができるでしょう。

6.社会福祉振興・試験センターの公式ウェブサイト

介護福祉士国家試験に関する詳細情報、実務経験証明書の様式と記入方法、実務者研修に関する情報などが提供されています。
社会福祉振興・試験センター

7.厚生労働省の公式ウェブサイト

介護福祉士の資格や試験に関する政策、法律、通知などの情報が掲載されています。
厚生労働省

8.隙間時間に要点を繰り返し聞いて覚える

介護福祉士2024濃縮!リスニング

9. 33~35回の過去問(全問完全解説)

解くことで、問題の傾向を知る
介護福祉士国家試験過去問解説集2024

これらのリソースを組み合わせることで、あなたの学習スタイルやニーズに合った最適な勉強法を見つけることができるでしょう。
リソースの活用は、試験準備における大きな助けとなり、より深い理解と合格への自信をもたらします。

モチベーション維持のコツは?

介護福祉士国家試験のような長期にわたる学習プロセスでは、モチベーションを維持することが成功への鍵となります。

合格を知った際の具体的なイメージづくり

合格を知った際は何処にいるでしょうか?時間や周りの様子はどうでしょう?自身の気持ちは?などを具体的にイメージしてみましょう。
そうすることで、合格するための更なる行動や、更なるプラスのモチベーションにつながるでしょう。

学習のルーチンを作る

なるべく毎日決まった時間に学習する習慣をつけることで、自然と勉強するリズムが身につきます。
決まった時間に学習ができない場合でも、自身に合ったルーチンを確立することで、学習が日常生活の一部となり、モチベーションの維持が容易になります。

自分にご褒美をあげる

短期目標を達成した際には、自分自身にご褒美を与えることも効果的です。
これは小さなご褒美でも良く、学習のモチベーションを上げるのに役立ちます。

ポジティブな環境づくり

勉強する環境を整え、ポジティブな気持ちで学習に臨めるようにしましょう。
静かな場所を選び、必要な教材を整理し、快適な学習スペースを作ることも大切です。

仲間とのコミュニケーション

同じ目標を持つ仲間との交流は大きな励みになります。
学習グループを作る、オンラインフォーラムに参加するなどして、経験を共有し合うのも良いでしょう。

自分への優しさを忘れずに

常に自分に厳しくする必要はありません。
適度な休息やリラクゼーションも重要です。
自分を過度に追い込まず、ストレスを溜めないようにしていきましょう。

これらのコツを活用することで、長期にわたる試験勉強の過程でも、モチベーションを維持し、効率的に学習を進めやすくなります。
前向きな姿勢で、一歩一歩目標に近づいていきましょう。

独学と通学はどっちがいいの?メリットとデメリット

「独学」と「通学」は、それぞれ独自のメリットとデメリットを持っています。

独学のメリットとデメリット

独学のメリット

柔軟なスケジュール自分のペースで勉強でき、日程を自由に設定できる
コスト削減学校や塾に通う費用がかからず、資料や教材にかかるコストも自分でコントロールできる
個別の学習方法の選択自分の学習スタイルに合わせて教材を選び、自分に最適な方法で学習できる

独学のデメリット

自己管理の必要性自分自身で学習計画を立て、モチベーションを維持する必要がある
疑問点の解決が難しい疑問や問題点が生じたときに、すぐに専門家の助けを借りることができない
孤立感一人で学習するため、孤独感を感じることがある

通学のメリット

専門家からの直接指導教師や講師から直接指導を受けられ、質問や疑問点をすぐに解決できる
構造化された学習プログラムカリキュラムに沿って効率的に学習が進められる
同じ目標を持つ仲間との交流クラスメイトと情報交換ができ、学習のモチベーションを高め合うことができる

通学のデメリット

時間と場所の制約授業の時間や場所に縛られ、自分のスケジュールを合わせる必要がある
コスト学費や交通費など、通学には独学に比べて高いコストがかかる
固定されたカリキュラム個人の学習ペースやニーズに柔軟に対応できない場合がある

独学と通学の選択は、個々のライフスタイル、学習スタイル、予算、目標などによって異なります。
自分に最適な学習方法を選ぶことが、効果的な学習への第一歩となるでしょう。

「介護福祉士国家試験」合格基準と試験の概要

合格基準

筆記試験筆記試験の合格基準は、問題の総得点の60%程度が基本とされている
ただし、難易度による補正が行われるため、合格基準は多少変動する可能性がある
さらに、12科目群すべてに得点が必要とされていて、一つの科目でも0点の場合は不合格となる
実技試験実技試験では、課題総得点の60%程度が基準とされている
尚、課題の難易度に基づいて補正された点数を得る必要がる

試験科目

【筆記試験】
1.人間の尊厳と自立
2.人間関係とコミュニケーション
3.社会の理解
4.こころとからだのしくみ
5.発達と老化の理解
6.認知症の理解
7.障害の理解
8.医療的ケア
9.介護の基本
10.コミュニケーション技術
11.生活支援技術
12.介護過程
といった幅広い知識が問われます。

【実技試験】
介護技術の実地試験であり、実際の介護現場で必要とされる技術を実演します。

試験の概要

介護福祉士国家試験は、介護福祉士としての知識と技術を認定するための重要な試験です。
試験は主に筆記試験と実技試験の二部構成で行われます。
筆記試験は通常1月に、実技試験は3月に実施されることが一般的です​​。

学習へのアプローチ

この試験に合格するためには、各科目の広範囲にわたる知識を習得し、実技試験に向けての実践的な技術練習が重要です。
そして、試験の傾向を理解し、適切な勉強計画を立てることも必要です。
そのため、過去問の解析や模擬試験の活用は合格に向けた効果的な手段​​になります。

各科目の重要とされる内容と出題方法

1. 人間の尊厳と自立

  • 重要性: 介護における個人の尊厳と自立の維持が基本原則となる
    (個々の価値観と尊厳を理解し、それに基づいたケアを提供することが重要)
  • 出題方法: ケーススタディや理論問題を通じて、個人の尊厳を尊重する介護のアプローチが問われる

2. 人間関係とコミュニケーション

  • 重要性: 効果的なコミュニケーション能力は、介護者と利用者との信頼関係構築に不可欠である
  • 出題方法: 実際の介護場面でのコミュニケーション例を示し、適切な対応を問う形式が多い

3. 社会の理解

  • 重要性: 介護サービスが社会システムの中でどのように機能するかを理解することが必要になる
  • 出題方法: 社会福祉制度や法律に関する知識を問う設問が出される

4. こころとからだのしくみ

  • 重要性: 介護を行う上で、基本的な人体の構造と機能を理解することが重要になる
  • 出題方法: 解剖学や生理学に関する基本的な問題が出されることが多い

5. 発達と老化の理解

  • 重要性: 人の一生を通じた発達段階と老化の過程を理解し、それに適したケアを行うことが重要になる
  • 出題方法: 生涯発達心理学に基づく理論問題やケーススタディ

6. 認知症の理解

  • 重要性: 認知症の理解は、適切なケアプランの作成に不可欠である
  • 出題方法: 認知症の種類、症状、対応策に関する問題が出される

7. 障害の理解

  • 重要性: 様々な障害を持つ個人への適切な対応方法を理解することが必要となる
  • 出題方法: 障害の種類や特性、介護技術に関する問題

8. 医療的ケア

  • 重要性: 基本的な医療処置や疾患管理の知識が、安全なケアの提供に必須となる
  • 出題方法: 医療処置の手順や疾患の知識に関する問題

9. 介護の基本

  • 重要性: 介護の基本原則と技術は、質の高いサービス提供の基盤になる
  • 出題方法: 日常生活支援、基本的介護技術に関する問題

10. コミュニケーション技術

  • 重要性: 効果的なコミュニケーション技術は、介護において信頼関係の構築や正確な情報の収集、利用者のニーズ理解が不可欠である
    (適切なコミュニケーションを通じて、利用者の精神的、身体的な快適さを支えることができる)
  • 出題方法: 実際の介護シーンを想定した状況問題や、コミュニケーション理論に基づく設問が出され、適切な対応方法を問う形式が多い

11. 生活支援技術

  • 重要性: 生活支援技術は、利用者の日常生活を支援するために必要な技術である
    (食事、入浴、排泄などの基本的な日常活動の支援から、レクリエーション活動の提供まで含まれる)
  • 出題方法: 生活支援技術に関する実技試験や、ケーススタディを元にした筆記試験が実施されることが一般的、それに加えて具体的な介護技術の適用方法や、状況判断に関する問題

12. 介護過程

  • 重要性: 介護過程は、利用者一人ひとりのニーズに基づいた介護計画を立て、実施、評価するプロセスであるため、
    この過程を通じて、個別化された質の高いケアを提供することが求められる
  • 出題方法: 介護計画の立案や評価に関する理論問題、または具体的なケースに基づいた問題が出される
    (介護計画の作成、評価、見直しのプロセスを理解しているかが問われることが多い)

これらの科目は、介護福祉士として必要な幅広いスキルと知識を網羅しています。
試験に向けてこれらの領域をしっかりと理解し、対策を講じることが重要です。

まとめ

この記事では、「介護福祉士国家試験に受かる気がしない」という人に向けて、マイナスな気持ちが軽減し、無事合格するための数々の方法について解説しました。
その中でも、下記の2点は基本となる行動内容です。

勉強法の要点

  • 過去問を解いて試験の傾向を理解する
  • 定期的な復習と反復学習で知識を定着させる
  • 効率的な学習計画を策定し、スキマ時間も活用する

モチベーションの維持

  • 明確な目標を設定し、小さな成功を祝う
  • 健康管理とストレスの適切なコントロール
  • 合格と知った場面を具体的にイメージする

「介護福祉士国家試験に受かる気がしない」とい気持ちは、自然なものです。

この記事があなたの試験準備の一助となれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA