介護士の派手髪はあり?介護業界の髪色・髪型に対するみんなの意見・口コミまとめ

※この記事には広告が含まれる場合があります。

介護士としての身だしなみは、ただ単に外見を整えること以上の意味を持ちます。利用者に安心感を与え、信頼を築く上で、髪型や髪色は重要な役割を果たします。

しかし、多様化する現代社会において、個性を表現することもまた重要です。

では、介護士として派手な髪型を楽しむことは可能なのでしょうか?

この記事では、介護士の髪型に関する様々な規定、実際の職場での受け入れ状況、そして自分らしさを保ちながらもプロフェッショナリズムを保つ方法について深掘りします。

介護士に推奨される髪型とは?

介護士として働く上での髪型には、いくつかの基本的な考慮事項があります。これらは、利用者様への配慮、職場での規定、そして個人の安全と衛生を確保するために重要です。

以下は、一般的な施設において介護士に推奨される髪型です。

社会人としての常識の範囲内の髪型

多くの施設では介護士の髪型や髪色は「社会人としての常識の範囲内」であることが基本とされています。

利用者様に安心感を与えることが求められるため、派手すぎる髪色や奇抜な髪型は避けることが基本です。

自然なカラーリングが推奨され、特に暗めの茶髪が許容される傾向にあります。

施設の規定に則った髪型

介護職員の髪型に対する規定は施設によって異なります。一部の施設では、特に髪色に関して厳しい規定を設けていることもありますが、一方で髪色に対して寛容的な施設もあります。

そのため、新しい髪型やカラーに変更する前には、必ず施設の規定を確認しましょう。

安全で衛生的な髪型

介護士の仕事は、時に身体的な接触が伴うため、髪の長さやスタイルが利用者様の安全や衛生に影響を与えないよう配慮することが重要です。長髪の場合はきちんと束ねる、髪が顔にかかることのないようにするなど、日々の業務に支障をきたさないよう工夫が必要です。

利用者様への悪影響がない髪型

利用者様に対する配慮として、髪型や髪色が彼らに与える影響を考慮することも大切です。落ち着いた髪型や色は、安心感や信頼感を与え、より良いコミュニケーションを促進します。

介護士の髪色に対するみんなの意見・口コミまとめ

https://twitter.com/rinrinringo1216/status/1562072508269879296
https://twitter.com/marihinya/status/1263081348853465088
https://twitter.com/cocoa11800/status/1553387384934649856
https://twitter.com/O4lNgQc9Nyqrk9i/status/1337020227008118790
https://twitter.com/hiratakedarake/status/1291001774388609024
https://twitter.com/chibiii124/status/1657367091257950209
https://twitter.com/Rt_s14/status/1658645000064995328
https://twitter.com/snowy_owl_o0/status/1532740637602496513

派手髪がOKな施設も増えてきている

介護士の髪型に関する規定は、施設ごとに異なります。これは、施設の方針、利用者様のニーズ、地域の文化など、様々な要因によって左右されます。

上記のSNSの意見・口コミでは派手髪が容認されている施設も比較的あるようです。また、髪全体は派手じゃなくても、インナーカラーだけなら黙認されるという施設も多い印象です。

施設髪型に対する認識
有料老人ホーム一般的に、有料老人ホームでは職員のイメージを重視するため、比較的厳しい髪型の規定が設けられていることがあります。こうした施設では、落ち着いた髪色や保守的なスタイルが好まれる傾向にあります。
特別養護老人ホーム介護度が高い利用者様が多いため、実務に支障をきたさない髪型が求められます。動きやすく、衛生的な髪型が好ましいとされています。
デイサービスここでは、利用者様にリラックスや楽しさを提供することが重要視されるため、少し自由度の高い髪型が許容されることがあります。
病院病院で働く介護士は、清潔感と専門職としての信頼性を維持するために、非常にシンプルでプロフェッショナルな髪型が求められます。

実際の職場では、規定以上に、利用者様や同僚からの反応が髪型に対する態度を形成します。施設の方針や地域の文化によって、受け入れられる髪型の範囲は大きく異なることがあります。

なぜ介護士の派手髪はNGなのか?

派手髪が容認されている施設が増えてきているとはいえ、やはりほとんどの施設では派手髪はNGとなっています。

では、そもそもなぜ介護士の派手髪はNGなのでしょうか?

その理由についても解説していきます。

髪色が利用者及び家族に悪い印象を与えてしまう可能性があるから

あまりにも派手な髪型は利用者及び家族にあまりよくない印象を与えることがあります。

  • 不真面目にみえる
  • 不良っぽくみえる
  • 不衛生にみえる等

このような印象を与えてしまうと、利用者および家族は安心して介護を受けさせられないという気持ちになってしまうのです。

「いや、髪色が派手でも中身がちゃんとしてれば関係ないじゃん」
「髪色は安全性や衛生面に関係ないじゃん」

そう思う方もいるかもしれませんが、このような思考は「経営者目線」が圧倒的に足りていません。
介護士が派手髪ばかりで、利用者及び家族から安心して介護を受けさせられないと思われてしまうと、その介護施設を利用しようと思わなくなってしまい、別の介護施設にいってしまうのです。

介護も結局のところサービス業であり、一人でも多くのお客様を獲得しなければ経営は成り立ちません。
その為には第一印象で利用者や家族から「安心できそう」とか「清潔感がある」と思われる必要があるのです。

だから経営者としては、介護施設全体としての「安心感」「清潔感」を維持する為にも、介護スタッフにはできるだけ常識の範囲内の髪型を求めるのです。

確かに髪色は安全性などには関係ありませんが、利用者や家族が感じる「安心感」には大きな関係があるのです。

「髪型なんてなんでもいいじゃん」と思っている人は、自分で髪型自由な介護施設を経営することで、現実がわかると思います。

https://twitter.com/snowy_owl_o0/status/1532740637602496513

派手髪のまま介護士として働く方法

派手髪がNGな施設も多いですが、派手髪がOKな施設もあります。

どうしても派手髪のまま介護士として働きたいという人は、派手髪が許容されている施設で働くようにしましょう。

以下に派手髪でもOKな施設の探し方を紹介します。

1.求人サイトの活用

多くの求人サイトでは、仕事内容や職場環境に関する詳細な情報を提供しています。検索に「派手髪可」「カラフルヘア許容」といった髪色に関係するキーワードを入力して検索してみるのも一つの方法です。

また施設のウェブサイトやSNSをチェックして、そこで働いている介護士の雰囲気をチェックするのも有効です。そこである程度派手な髪色の介護士がいれば派手髪が許容されている可能性が高いと言えます。

2.SNSや業界内のネットワークを活用

友人や先輩など、既に業界で働いている人々の経験や知識を活用することも有効な方法です。

自分の周りに介護施設で働いている人がいれば、そういったネットワークを通じて介護施設の職場環境を知るヒントが得られます。

また、自分の周りに友人などがいなくても、介護施設で働いている人のSNSなどの口コミなども参考にするといいでしょう。

3.直接問い合わせ

気になる施設がある場合は、思い切って直接問い合わせて髪型の規定について尋ねるのも一つの方法です。これにより、自分のスタイルが受け入れられるかどうかを明確に知ることができます。

4.職場見学やインターンシップ

職場見学やインターンシップを通じて、実際の職場環境を体験することも有効です。

もし、介護施設が自宅の近くにある場合は、実際に見に行ってスタッフの髪型などを見てくるのも有効です。

これにより、派手髪がどの程度受け入れられているかを直接確認することが可能になります。

5.リクルーティングイベントや就職説明会

介護業界のリクルーティングイベントや就職説明会に参加することで、多くの企業の情報を得ることができます。そこで直接人事担当者に髪型の規定について質問しましょう。

介護士でもできる髪色のヘアアレンジ方法

一般的には「常識の範囲内」であれば多くの施設で髪色を変えることは許容されています。

その為、自然な茶髪程度であればほとんどの施設では問題ありません。

また、清潔感がしっかりとあることが大前提ですが、インナーカラーを入れるという人も多いようです。

https://twitter.com/buuta_smile0312/status/1348048151672803331
https://twitter.com/G4Yuko/status/1254308866944196608
https://twitter.com/kiryuin_ran/status/1729858643280195957
https://twitter.com/cocoa11800/status/1553387384934649856

インナーカラーを入れている介護士さんも結構多いみたいです。

Q&A

介護士の髪型の基本的な範囲とは?
介護士の髪型は「社会人としての常識の範囲内」であることが基本です。自然なカラーリングが推奨され、派手すぎる髪色や奇抜な髪型は避けるべきとされています。暗めの茶髪が一般的に許容されます。
施設ごとに髪型に関する規定にはどのような違いがありますか?
施設によって髪型の規定は異なります。有料老人ホームでは厳しい規定があることが多く、特別養護老人ホームでは動きやすいスタイルが求められます。デイサービスでは少し自由度が高く、病院では清潔感と専門職としての信頼性を重視した髪型が求められます。
派手髪が許容される介護施設を探す方法は?
派手髪が許容される施設を探す際は、オンライン求人サイトで関連キーワードを検索、業界内のネットワークを利用、直接施設へ問い合わせ、職場見学やインターンシップを利用、リクルーティングイベントや就職説明会への参加が有効です。
どうしても派手髪がしたい場合のヘアアレンジは?
インナーカラーを入れて、普段は派手な色が見えないようにするなどの工夫をしている介護士も多いです。
なぜ介護士の派手髪はNGなんですか?
利用者や家族に「不真面目にみえる」「不良っぽくみえる」「不衛生にみえる」などの印象を持たれてしまう可能性があるからです。第一印象でこのような印象を持たれてしまうと、その施設全体のイメージ低下に繋がってしまう可能性がある為です。

まとめ

介護士としての髪型は、プロフェッショナリズムと個人のスタイルの間でバランスを取る必要があります。基本的には、清潔感と社会的な受容性が重要であり、自然な髪色とシンプルなスタイルが好まれます。しかし、施設や地域によって異なる規定や文化が存在し、これらを理解し適応することが重要です。

派手な髪型やカラーが好みの場合、そのようなスタイルを受け入れる職場を見つけるためには、求人サイトの活用、業界内のネットワークの利用、直接の問い合わせ、職場見学やインターンシップ、リクルーティングイベントへの参加が有効です。

最後に、介護士でも実践できるおしゃれなヘアアレンジには、ポニーテール、編み込み、バン、ローバンなどがあります。これらのアレンジは、動きやすさや清潔感を保ちつつ、ヘアアクセサリーや色彩を利用して個性を表現する余地を提供します。介護士としての職務を遂行しながらも、自分らしさを保つことは十分可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA