介護福祉士国家試験は過去問だけで受かるの?落ちる人の特徴と合格するための7つの勉強法!

※この記事には広告が含まれる場合があります。

高い専門性と倫理観を持った介護福祉士が育成される介護福祉士国家試験の準備には、過去問の徹底的な分析と実務経験を生かした学習が欠かせないとされています。
介護福祉士国家試験は、過去問だけで受かるのでしょうか?
そんな疑問の解消、落ちる人の特徴、勉強法などについて解説していきます。

介護福祉士国家試験は過去問だけで受かるの?

過去問の活用は、介護福祉士国家試験の効果的な勉強方法の一つです。
ただ、幅広い分野からの出題に加え、その年の介護現場の課題に合った問題が出題されたり、出題傾向が変わる可能性もあります。
そのため、それらをカバーするためにも、過去問を解き、苦手な分野を見付け、そこをより多く学習することが重要です。
試験までの期間にゆとりがあれば、計画的な学習と継続が、より合格への安心につながります。

過去問のみの学習は?

介護福祉士国家試験は、介護の基本から、法律、医療的ケアまで、広範な知識が求められるため、試験の傾向を掴んだり、苦手分野などを見付けたりする上では有効ですが、全ての範囲を網羅しているわけではありません。
そのため、問題の背景や理論を深く理解するためには、追加の学習が必要となります。
また、過去の試験であるため、最新の法改正や介護技術の進歩を反映していない可能性もあります。

複数を取り入れる学習では?

総合的な知識を身につけるためには、参考書やテキストを利用した学習が必要となり、特に、現在の介護に関する法律や技術については、最新の情報を得ることが重要となります。
その上で、試験の形式や出題傾向を把握するための手段として過去問を活用します。
試験が近くなったら、模擬試験を活用し、実際の試験環境を体験したり、時間管理や試験のプレッシャーに慣れることも有効です。

落ちた場合は再受験できるの?

介護福祉士国家試験において、不合格となった場合でも再受験が可能です。
試験は毎年実施されており、特に受験回数の上限は設けられていないため、再挑戦を望む受験者は次年度の試験に向けて準備を進めることができます。
再受験を成功させるためには、前回の試験での経験を生かし、弱点を補強することが重要です。
過去問を利用しての繰り返し学習や、模擬試験を通じて試験形式に慣れることが推奨されます​​​​。
また、落ちた原因を分析し、勉強法を見直すことも有効です。

誰でも受かるの?

介護福祉士国家試験の合格率は比較的高いとされていますが、介護福祉の分野で必要とされる広範な知識と技術を問うものであるため、残念ながら「誰でも受かる」というわけではありません。
合格するためにも「誰でも受かる」という考え方は避け、合格に必要な勉強時間と方法を理解し、計画的に準備を進めることが重要です。

合格ラインは?

介護福祉士国家試験の合格率は、過去のデータからおよそ7~8割程度とされています。
合格基準は毎年若干の変動があり得るため、最新の情報を公式サイトや公式通知で確認することが推奨されます。
特に試験の出題傾向やカリキュラムの変更は、合格基準に影響を与える可能性があるため、事前にしっかりとチェックすることが重要です。

落ちる人と受かる人の特徴を比較してみよう

介護福祉士国家試験の不合格者と合格者を比較することで、成功へのヒントを見つけることができます。

勉強方法の違い

落ちる人勉強法に一貫性がなく、過去問を十分に活用しない
間違えた問題の見直しを怠り、同じミスを繰り返す傾向がある
受かる人効率的な勉強法を採用し、過去問を重視する
具体的には、過去問を繰り返し解き、間違えた箇所を徹底的に理解し、弱点を補強する​

勉強時間の差

落ちる人勉強時間が不足していたり、時間を非効率的に使われることが多い
直前期になって慌てて勉強するケースも見られる
受かる人計画的に勉強時間を確保し、毎日コツコツと学習を続ける

心構えとモチベーション

落ちる人誰でも受かる」と過信する傾向があり、油断から学習計画が疎かになることが多い​
受かる人目標に対する強い意志とモチベーションを持ち、挫折に直面しても継続する精神力がある

試験への理解

落ちる人試験の形式や要求される知識レベルを十分に理解していないため、的外れな学習をしてしまう
受かる人 試験の形式や出題傾向を理解し、それに基づいて効果的に学習する

これらの比較を通じて、効果的な勉強方法の選択、十分な学習時間の確保、正しい心構えとモチベーションの維持、試験内容への正確な理解などが、介護福祉士国家試験の合格には不可欠であることがわかります。

介護福祉士国家試験に合格するための7つの勉強法!

介護福祉士国家試験に合格するためには、効率的かつ戦略的な勉強法が必要です。
自身の状況に合わせながら、勉強法していきましょう。

1.過去問を活用しよう

過去問を繰り返し解くことは、試験の傾向と対策を理解する上で非常に有効です。
3周行えると良いでしょう。
初回は全体の理解を深め、次回以降は間違えた問題にフォーカスし、弱点を克服することが重要です​​​​。
過去問はこちら→介護福祉士国家試験過去問解説集2024 第33回ー第35回全問完全解説

2.学習計画を立てよう

一般的に、合格に必要な勉強時間は約250時間とされています。
この時間を効果的に分配するためには、早めに学習計画を立て、日々の勉強時間を割り当てることが重要です。
6ヶ月前から始める場合、1日1~1.5時間の学習が理想的です​​。

3. 良いテキストと問題集を選ぼう

試験に役立つテキストや問題集を選ぶことも大切です。
図解やイラストが豊富な教材は、理解を深めやすく、学習のモチベーションを維持するのに役立ちます​​。
また、重要なポイントを絞ったテキストの選択が効率的な学習につながります。

4.継続的に学習していこう

毎日コツコツと継続する学習が、合格への道を開きます。
忙しい日でも、少しずつ学びを進めることが重要です。
スキマ時間を活用して、1問1答形式の問題を解くのも効果的です​​​​。
スキマ時間でコツコツ学習はこちら→要点濃縮リスニング

5.模擬試験を活用してみよう

本番と同様の環境での模擬試験を受けることで、試験の雰囲気に慣れたり、時間配分や緊張のコントロール、実際の試験会場での問題解決能力を養うことに役立ちます。
自宅で行う場合も、時間配分や緊張感など、できる限り試験会場の環境条件に近付けて行ってみましょう。

6.弱点を克服しよう

自分の弱点を特定し、それらに集中して取り組むことが大切です。
間違えやすい問題には特に注意を払い、理解を深めることで、全体の点数アップが可能になります。

7.合格者の体験談を活用しよう

合格者の体験談やアドバイスは、具体的な勉強法や心構えの参考になります。
合格者の戦略や勉強のコツを学び、自分の勉強法に取り入れることが有効です。

過去問の活用とこれらの勉強方法を組み合わせることで、介護福祉士国家試験の準備はより効果的になります。
また、自分に合った勉強スタイルを見つけることが、長期的な学習継続の鍵となります。

介護福祉士国家試験の主要な出題分野とその対策

介護福祉士国家試験では、特定の分野に関する深い知識が求められます。
ここでは、過去問の活用法と効果的な勉強方法を、介護福祉士国家試験の各科目ごとに解説します。

1.人間の尊厳と自立

  • 過去問を使って、自立支援や個々の尊厳に関する問題を重点的に解く
  • 過去問を解きながら、どのような場面で尊厳が重視されるか、具体的な事例を考える
  • 自分の回答と解説を比較し、理解が浅い部分については追加で学習する
  • 尊厳の概念や自立支援の方法についての詳細な理解を深める

2.人間関係とコミュニケーション

  • 過去問を通じて、コミュニケーション技術や人間関係構築に関する問題を特定し、実践的な例を考えながら学習する
  • コミュニケーションの基本原則や効果的な関係構築の方法に関する文献を参考にし、過去問での応用を試みる

3.社会の理解

  • 過去問を活用して、社会福祉の基本原則や制度に関する問題を解く
  • 政策や制度の変遷についても学ぶことで、理論と現実のギャップを理解する
  • 社会福祉の現状や課題について、最新の資料やニュースも参照し、過去問での理解を深める

4.こころとからだのしくみ

  • 人体の解剖学や生理学に関連する過去問を重点的に解く
  • 身体の構造や機能、健康維持・促進に必要な知識を身につける
  • 疾患や障がいによって変化する身体機能の理解を深め、それに基づく適切な介護技術を学ぶ

5.発達の老化と理解

  • 過去問を解きつつ、老化に伴う身体的・精神的変化やそれに適した介護アプローチに関する知識を深める
  • 高齢者の健康管理や日常生活支援における実践的なスキルも学び、理論と実際のケアの結びつきを強化する

6.認知症の理解

  • 認知症の特徴、進行、対応策に関する過去問を重点的に解く。認知症患者への適切な介護技術やコミュニケーション方法を学ぶ
  • 認知症ケアに関する最新の研究やガイドラインを参照し、理論と現場での適用方法を理解する

7.障害の理解

  • 障がい者への介護に関する過去問を解きながら、障がいの種類、原因、対応方法について学ぶ
  • 障がい者の自立支援や社会参加促進に関する現代のアプローチを理解し、実際のケアプランに反映させることを目指す

8.医療的ケア

  • 過去問を活用して、介護福祉士が行う医療的ケアに関する知識を深める
  • 喀痰吸引や経管栄養などの実技に関連する問題に焦点を当てる
  • 実際の医療現場で使用される技術や手順について学び、模擬試験や実技講座を通じて実践的なスキルを身につける

9.介護の基本

  • 過去問を利用して、介護の基本的な知識や原則に関する問題に取り組む
  • 介護の倫理や法規に関する理解を深める
  • 介護計画の作成や実施に関する問題を重点的に解き、実務との関連で知識を深める

10.コミュニケーション技術

  • 介護現場でのコミュニケーション技術に関する過去問を重点的に解く
  • 実際のケーススタディを想定しながら解答を考える
  • 対話技術や非言語コミュニケーションなど、具体的なスキルに関する追加学習を行う

11.生活支援技術

  • 実技試験における生活支援技術の問題を中心に過去問を解く
  • 日常生活における具体的な介護技術や方法を学ぶ
  • ビデオ教材や実技講座を利用して、実際の手技や介護方法を学ぶことも効果的

12.介護過程

  • 過去問を通じて、介護計画立案や評価方法に関連する問題を解く
  • ケーススタディを用いて、理論と実践の統合を図る
  • 介護計画の作成や評価の過程における重要なポイントや考慮すべき要素を、解説や参考書を参照しながら徹底的に理解する

「介護福祉士国家試験」合格者の体験談

Tさん 男性
Tさん 男性

合格できて本当に安堵しています。
毎日の勉強が大変でしたが、自分の目標に向かって一歩ずつ進めたことが嬉しいです。
特に過去問を繰り返し解くことで、試験の傾向を理解できたのが大きかったです。

Hさん 女性
Hさん 女性

試験に合格して、これからの介護の仕事に自信が持てるようになりました。
覚えることが多くて大変でしたが、具体的な場面を想像しながら勉強することが役に立ちました。

Jさん 男性
Jさん 男性

合格するまでの道のりは長く、時には挫けそうになりましたが、目標を達成できて嬉しいです。
実務経験を活かしつつ、新しい知識を学ぶことができました。

Mさん 女性
Mさん 女性

図書館での勉強やオンラインの模擬試験が非常に役立ちました。
特に法律や政策に関する部分は、日々のニュースを参考にして理解を深めました。

Kさん 男性
Kさん 男性

勉強期間中は仕事との両立が大変でしたが、毎日少しずつでも勉強することで、着実に知識が身についたと感じます。
特に、自分の苦手分野を重点的に勉強したことが合格につながったと思います。

「介護福祉士国家試験」関連リンク

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: -1024x585.webp

社会福祉振興・試験センターの公式ウェブサイト

介護福祉士国家試験に関する詳細情報、実務経験証明書の様式と記入方法、実務者研修に関する情報などが提供されています。
社会福祉振興・試験センター

厚生労働省公式ウェブサイト

介護福祉士の資格や試験に関する政策、法律、通知などの情報が掲載されています。
厚生労働省

まとめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: -1024x585.webp

介護福祉士国家試験の合格への道は、勉強計画と合格へのアプローチが鍵となります。

勉強計画の立て方

現状分析自分の強みと弱みを把握し、どの科目に重点を置くべきか決定する
(過去問をいくつか解いてみることで把握できる)
時間配分 合格に必要な約250時間の勉強時間を確保する計画を立てる
(たとえば、試験まで6ヶ月ある場合、1日約1~1.5時間の学習が必要になる)
長期計画と短期計画長期的な学習目標(例:6ヶ月で全科目をカバーする)
短期的な目標(例:今週は〇〇の章を終わらせる)などを設定する
資料の選定効率的な学習のために、適切な参考書や問題集を選ぶ

合格へのアプローチ

過去問の積極的活用過去問を繰り返し解き、試験の形式や傾向に慣れることが重要
弱点の克服継続的に自分の弱点を分析し、集中的に勉強する
解説を読み、理解が深まるまでを行う
模擬試験の利用実際の試験環境を模した模擬試験を受け、試験における時間管理や
心理的なプレッシャーに慣れることが有効
バランスの取れた学習理論学習と実技練習のバランスを取りながら、総合的な能力を高める
健康管理 勉強の効率を保つためにも、十分な休息と健康管理が重要

自身の状況に合わせてこれらの方法を活用し、合格されることを心から願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA