入浴介助におすすめなサンダル6選!医療用クロックスやワークサンダルなど

※この記事には広告が含まれる場合があります。

入浴介助は、介護の現場において重要な役割を果たします。利用者様の安全と快適さを確保するためには、介護者自身の装備も非常に大切です。

特に、浴室内の滑りやすい環境では、適切なサンダルの選択が重要となります。

この記事では、入浴介助時におけるサンダルの必要性、選ぶべき特徴、おすすめの商品について、詳しくご紹介していきます。入浴介助時のサンダル選びの参考にしてみてください。

入浴介助時のサンダルの必要性と選択基準について

なぜサンダルが必要なのか?

入浴介助においてサンダルは、介護者自身の安全と快適性を確保するために欠かせないアイテムです。

浴室は滑りやすく、水や石鹸が床に溜まりがちです。こうした環境では、感染症のリスクや怪我の危険が高まります。

サンダルを履くことで、これらのリスクを軽減し、より安全に介助ができるようになります。

また、入浴介助には浴室だけでなく、フロアや利用者様のお部屋への移動も伴います。その都度、靴を履き替えるのは手間がかかりますが、サンダルなら簡単に脱ぎ履きできるため、効率的です。

入浴介助に適切なサンダルを選ぶ5つの基準

サンダルを選ぶ際には、以下の基準を考慮することが重要です。

  • 滑りにくさ:最も重要なのは、滑りにくいサンダルを選ぶことです。特殊な滑り止めソールを備えたサンダルは、濡れた床面でも安全に歩けるように設計されています。
  • 履き心地とフィット感:長時間の使用でも疲れにくい、足にしっかりとフィットするサンダルを選ぶことが大切です。取り外し可能なインソールが付いているモデルは、さらに快適性が向上します。
  • デザインと保護:足をしっかり覆うデザインのサンダルを選ぶことも重要です。甲やつま先が覆われていると、怪我のリスクを減らせます。また、水や空気の流れを考慮したデザインのものは、サンダル内部の快適さを保ちます。
  • 耐久性と品質:耐久性のある素材で作られたサンダルは長持ちし、長期的に見てコストパフォーマンスが高いです。高品質なサンダルは、頻繁な買い替えの必要を減らします。
  • 清潔さの維持:簡単に洗える、または抗菌性の素材で作られたサンダルは、衛生的な環境を維持するのに役立ちます。

入浴介助時のおすすめのサンダル6選

ハイパーVピタット3 


「入浴介助で滑らないサンダルが欲しい」というヘルパーさんの声をもとに開発されたサンダルです。

とにかく滑りにくいのが特徴で、滑りにくさは従来の2.5倍とも言われています。

側面には水抜け穴があるので、水が入ってもしっかりと排出されて足元を快適に保ちます。

介助時に滑らないので体幹と力が安定します。

私は入浴介助をしてますが、このサンダルは今まで買ったなかで1番滑りにくいし履き心地がいいです。サンダルが浅いのと穴が横に穴が3つあいてるので水がたまらなくていいですし、入浴介助の機械に足がぶつかる事がありますがしっかりした作りなので安全性も高いです。

このタイプは安定感あり、水が中に溜まることもなく、スムーズに仕事ができます。ストレスなし。満足しております!

フットマーク ワークサンダル 


入浴介護時にすべりにくく、長時間の立ち仕事でも疲れにくいサンダルです。

滑り止め効果の高い、特殊な凸凹形状ソールを採用していて、耐滑試験(JIS8101:2006)の性能基準をクリアした底材を使用しています。

また、甲とつま先は、水滴の侵入を防ぎ落下物から足を守るようしっかり覆われていながら、サイドホールで通気性はしっかりと確保されています。

かかとが深めなので脱げにくいのも特徴です。インソールは取外しができます。

かかとのベルト部分のおかげで脱げることはありません。

入浴介助での使用ですが、滑らず快適です。

サイズが大きめなのでワンサイズ下を購入しましたが、ピッタリでした。

【クロックス公式】スペシャリスト 2.0 ベント クロッグ 


クリニックや総合病院など幅広い施設でご使用されている「医療用ワークシューズ」です。

クロックスから医療現場で働くドクターやナースなど医療従事者に「疲れにくさ」と「安全性」を提供する為に開発されたモデルです。

降りかかる水滴や薬品などの浸入を防ぎながら通気性を保持し、厚みのあるアッパーは落下物から足を保護してくれます。

硬い床面での長時間の仕事による疲労を軽減し、汚れても丸洗いが可能であるため、シューズを常に清潔に保つことができます。

医療用として使わせてもらってます。通気性はもちろんのこと、この上に穴がないタイプは上から針が落ちても問題ない構造です。安心して使えています。

履き心地満点てす。仕事用にクロックス履いてみたら、軽くて足に開放感があって足疲れも減少しました。お気に入りです。

思ったより丈夫で軽く、ふかふかしていて歩きやすかったです。初めてクロックスを購入したのですがみんなが好きな理由が分かった気がします。通気性もよく、裸足で利用しているのですが2週間が経過した今も臭くなっていません。すっぽり足が抜けてしまうこともなく走れます。

ニューコンフォートNo.5050


帯電防止機能のサンダルです。入浴介助などにも最適です。

中敷きは、衝撃吸収材入りのエアースルーソールで、靴内のこもった熱を排出します。

可動式のベルトが付いて、2WAYで使用できるため、かかとの固定もできます。

マリアンヌで出しているから、結構期待を込め購入しました。履き心地最高です。軽いし、クッション効いてるし、ゆったり履けるので足先が痛くない。

衣類や金属で伝わる静電気が、体感ではありますが半分以上減りました。

履き心地はよく、静電気も軽減され、すごく快適。

エバロンサンダル SA-3



信頼の日本製です。超ソフトな履き心地でブームになったEVAシューズで、とても柔らかく軽いです。

ベルトを前に倒せばサボにもなります。

屈曲試験10万回を無傷でクリアする優れた耐久性で、重さも90g~120gと超軽量です。

ザブザブ洗えていつも清潔に履け、医療現場でもスタンダードになっています。

横幅は少し広めでゆったり幅広の3E設計です。

福祉職ですが仕事用に購入しました。普通のEVAサンダルと違って柔らかく足にフィットするので疲れにくいです。

他の人の似たようなサンダルを借りて履いてみても、やっぱりこのエバロンはフィット感も軽さもピカイチと痛感。もう仕事では手放せません。

すごく履きやすく、蒸れにくく、滑りにくいと思います。しかもクッション性があるので足が疲れにくい気がします。以前の安く購入したものとは全然違います!

アサヒコーポレーション クリーンセーフ300


372菌種に効果のある、フル抗菌・防カビ仕様のゴム長靴です。長靴なので、入浴介助でも足が全く濡れないのと、水虫などの感染リスクも軽減できます。

吸湿性・速乾性に優れていて、油や水などの汚れが付着した床面でも変形・劣化しにくい耐油性ソールです。

今まで入浴介助はずっとサンダルだったけど、長靴なら足濡れなくない?って思って長靴に変えたら快適すぎました。

長靴+エプロンで感染対策バッチリです。

滑らないし、濡れないので、入浴介助には長靴がかかせません。

入浴介助時にサンダルを履いているみんなの意見・口コミまとめ

https://twitter.com/martenslove0/status/1635125895588638720
https://twitter.com/aloha_akt_mc231/status/1591956136630321152
https://twitter.com/sakapooon/status/1716764941448106260

入浴介助時にサンダルを履いていたことによるアクシデント

入浴介助時にサンダルを履くことによって起こったアクシデントについて紹介します。以下は、入浴介助時によくあるスタッフのアクシデント事例です。

  • 滑って転倒する
  • サンダルが脱げる
  • サンダルによるつまずき
  • 靴擦れができてしまう
  • 利用者の足を踏んでしまう
  • 水虫がうつってしまう

アクシデントを防ぐ為には

サンダルは正しいサイズで、足にしっかりとフィットするものを選ぶことが重要です。不安定なサンダルは脱げやすく、アクシデントのリスクを高めます。

また、滑りにくいソールを備えたサンダルを選び、定期的にその状態をチェックすることも大切です。

また、水虫など感染症などをできる限り防ぎたいという方は長靴などの防水性のある靴を使用するのも効果的です。

Q&A

入浴介助時にサンダルを履く理由は何ですか?
入浴介助時にサンダルを履く主な理由は、感染症や怪我の予防、簡単に脱ぎ履きができる便利性です。また、様々な場所に移動する必要があるため、靴を履き替える手間を省けます
入浴介助用サンダルのおすすめ商品はありますか?
おすすめの商品には、「日進ゴム ハイパーVピタットスリー」や「フットマーク ワークサンダル」などがあります。これらは介護現場での人気商品です。
入浴介助時のその他の服装や便利なアイテムは何ですか?
入浴介助時の服装には、動きやすく、金具がなく、安全な半袖シャツとズボンが適しています。他にも、エプロンや長靴などが便利です。
サンダルを履いたことによる入浴介助時のアクシデント事例はありますか?
サンダルによるアクシデントには、滑って転倒する、サンダルが脱げる、サンダルによるつまずきなどがあります。これらは、不適切なサンダル選択や、フィット感、摩耗などが原因です。
入浴介助時のサンダルに関するアクシデントを避けるための対策は?
アクシデントを避けるためには、滑りにくい特殊ソールを備えたサンダルの選択、正しいサイズとフィット感の確認、定期的なサンダルのメンテナンスが有効です。

まとめ

入浴介助は介護の重要な一環であり、その際のサンダルの選択は介護者の安全と効率に直接影響します。

この記事では、入浴介助時にサンダルを履く理由、適切なサンダルの選び方、おすすめの商品、関連する服装やアイテム、さらにサンダルに起因するアクシデントの事例とその回避策を詳しく説明しました。

サンダルは感染症や怪我のリスクを減らし、作業の効率を高めるために不可欠です。

正しいサンダルの選択、適切なメンテナンス、そして慎重な使用が、介護者自身の安全はもちろん、利用者様の安心と快適さを保つためにも重要です。

この記事が、入浴介助の業務を行うすべての方々にとって、有益な情報源となることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA