介護士のタトゥーはOK?面接時にタトゥーの有無は言った方がいい?

※この記事には広告が含まれる場合があります。

「自分にはタトゥーが入っているけど介護士として働きたい」と思っている人もいると思います。

この記事では、介護業界におけるタトゥーの現状、それに伴う課題、そして対応策について掘り下げていきます。

タトゥーを持つ介護職員が直面する現実、それに対する介護施設の反応、業界の身だしなみ基準との関連性についても解説していきます。

タトゥーがあるけど介護業界で働きたいと思っている人は是非参考にしてみてください。

介護士のタトゥーはOK?

介護士のタトゥーはOKなのでしょうか?

結論から言うと多くの施設では「見えるのはNG、隠して見えないようにすれば黙認される」というパターンが多いようです。

そもそも介護業界では、職員の身だしなみに関する厳しい基準が設けられているところが多いです。長い爪や派手なネイル、目立つアクセサリーが禁止されている場合が多く、これは利用者の安全を確保するためです。

タトゥーもこの基準に含まれることが多く、職員は仕事中にタトゥーを隠す工夫をしなければなりません。

その理由として、日本の高齢者の多くはタトゥーに対する文化的な意識はあまりなく、タトゥーを見ると少々ビックリしてしまい、「恐い」「反社会的」などと思ってしまうことがある為です。

その為、夏場でも長袖を着用して腕のタトゥーを隠す、濃い色の靴下を履いて足首のタトゥーを隠すなどの工夫が必要となります。

タトゥーは入っているだけでNGの施設もあるので注意
一部の介護施設では、タトゥーを持つ職員の採用に対して開放的な姿勢を見せる一方で、依然としてタトゥーに対して慎重な態度を取っている施設もあります。

場合によっては、タトゥーに対して利用者から苦情が入ってしまうことがあり、そのようなトラブルを避けるために、タトゥーは完全にNGという施設もあります。

できれば働く前にタトゥーを隠せばOKかどうかを確認しましょう。(※腰などの普通に洋服を着ていればほぼ誰にもバレない位置にタトゥーがある場合はわざわざ言わなくても大丈夫な場合が多いです)

介護士のタトゥーはOK?介護士達によるリアルな口コミ・意見

https://twitter.com/5392cha__/status/1551233522387791872
https://twitter.com/krsmneet/status/1484867075373817860

現場のリアルな意見や口コミを見ていると、目立たないところにタトゥーが入っている介護士は結構多いみたいです。

面接時にタトゥーが入っていることを伝えた方がいいのか?


結論から言うと、自分から進んで言う必要はないですが、もしも面接時にタトゥーの有無を聞かれた際は素直に「入っていますが、仕事中はしっかりと隠せます」ということを伝えるのがいいかと思います。

タトゥーの有無よりも、誠実な人間性や、やる気をアピールすることが大事です。

ほぼ誰にもバレない位置にタトゥーがあり、働き始めてからも隠し通せる自信があるのであればタトゥーが入っていることを隠すのも選択肢となりますが、隠した場合は後で問題が発生するリスクがあることは必ず考慮する必要があります。

もしもタトゥーが入っていることを隠して入社し、入社後にタトゥーがバレた際には最悪の場合はクビになってしまうこともあるということは覚悟しておく必要があります。

基本的にはもしも面接で聞かれた場合は、素直にタトゥーが入っていることを伝えておいた方が精神的にも楽だと思います。

タトゥーが入っている介護士の意見

面接後の試用期間に施設長にタトゥーが入っていることを話をして承諾を得て仕事してます。

タトゥーが入っているのは誰にもバレていません。バレたら会社に迷惑がかかると思いますが、いつクビになっても、すぐ次を探す覚悟でいます。

昔、障害者施設は、黙って入職したのでバレて自主退職に追いやられました。

タトゥーが入っている人が直面する介護の現場における負担

基本的には介護の現場においてはタトゥーは常に隠す必要があります。そうなると、実際の現場ではいくつかの問題点が生じる可能性があります。

以下に、タトゥーが入っている人が直面する可能性が高い介護の現場における負担について紹介します。

①身体的な不快感

タトゥーを隠すために年中長袖や厚手の衣服を着用する必要があります。そうなると、特に夏季などの暑い時期には身体的な不快感があるだけでなく、熱中症などが起こりやすくなります。

健康に悪影響を及ぼし、仕事の効率やパフォーマンスにも影響を与える可能性があります。

②職場での精神的ストレス

タトゥーを隠す必要があることは、精神的なストレスを与える可能性があります。

常に自分の身体の一部を隠さなければならないというプレッシャーが精神的なストレスになってしまうのです。職場での満足度や仕事のモチベーションに悪影響を及ぼす可能性があります。

③対人関係の問題

タトゥーが入っていることによって、同僚や利用者との間で誤解や偏見を生じさせる可能性があります。

日本ではまだまだタトゥーに対する偏見は多く、タトゥーを見ただけで「恐い」「反社会的」と判断する人は非常に多いです。

このようなイメージから職員や利用者との間で対人関係のトラブルが発生してしまう可能性もあります。

タトゥーに対する介護業界の考え方

介護業界におけるタトゥーへの考え方は、伝統的な規範と現代の社会的変化の間で揺れ動いています。

この業界の多くは、長い間、保守的な身だしなみの基準を維持してきましたが、最近ではこれらの態度に変化の兆しが見られます。

タトゥーに対する認識に変化の兆し

伝統的に、介護業界ではタトゥーを持つ職員に対して慎重な態度を取ってきました。

多くの場合、タトゥーは職場でのプロフェッショナリズムや清潔感と相反すると見なされています。

この考え方は、タトゥーがかつて反社会的なイメージと結びつけられていたことに起因しています。

しかし、人手不足や多様性への意識の高まりに伴い、一部の介護施設ではタトゥーを持つ職員の採用に対してより開放的な姿勢を取り始めています。

この動きは、特に若い世代やフリーランスの介護職員に対して見られる傾向です​​。タトゥーがあることが介護職員の能力に影響を与えないという理解が広がりつつあります。

特に若い世代はタトゥーに対する偏見が無くなってきていることもあり、時代と共に介護業界の認識も変化していくことが考えられます。

対話と理解の必要性

介護業界においては、タトゥーを持つ職員と施設の間での対話と理解が重要です。

タトゥーを持つ職員が直面する現実を理解し、彼らが職場で快適に働ける環境を整えることが求められています。これには、職場のルールや文化、利用者の反応など、多角的な視点が必要です。

Q&A

介護士の面接時にタトゥーの存在を申告する必要はありますか?
タトゥーの存在を面接時に申告するかどうかは各自の判断に委ねられますが、隠しておいて後で問題が発生するリスクも考慮する必要があります。基本的には素直に入っていることを伝えたうえで、仕事中はしっかりと隠せることを伝え、やる気と人間性を見てもらえるようにするのがいいと思います。
介護業界ではタトゥーにどのような考え方がありますか?
伝統的に、介護業界ではタトゥーに対して保守的な態度を取ってきました。タトゥーは職場でのプロフェッショナリズムや清潔感と相反すると見なされていることが多いです。しかし、人手不足や多様性への意識の高まりに伴い、タトゥーを持つ職員を受け入れる動きも見られます。
タトゥーを持つ介護職員はどのような現実に直面していますか?
タトゥーを持つ介護職員は、職場でのタトゥーを隠す必要がある場合が多く、これによって身体的な不快感や精神的なストレスが生じる可能性があります。また、タトゥーが露見した場合に利用者や同僚からの反応に対処する必要があります。
護現場でタトゥーを隠さなければならないことによって生じる問題点は何ですか
タトゥーを隠すために不快な衣服を着用する必要がある場合、身体的な不快感や職員の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。また、自己表現の抑制による精神的ストレスや、職場内の人間関係に影響を及ぼす可能性もあります。これは介護業界における多様性と包容性の欠如を示しているとも言えます。

まとめ

介護業界におけるタトゥーの取り扱いは、社会的な価値観の変化と業界内の伝統的な態度の間で、重要な転換点にあります。伝統的には保守的な視点からタトゥーに対して慎重な姿勢が取られてきましたが、人手不足や多様性への意識の高まりに伴い、この態度には変化の兆しが見られます。

タトゥーを持つ介護職員は、職場での身だしなみの基準と個人の自己表現との間でバランスを取る必要があります。タトゥーを隠す必要性は、身体的な不快感や精神的ストレスを引き起こし、職場内の人間関係に影響を与えることもあります。

面接においてタトゥーの存在を申告するかどうかは、候補者の個人的な判断と職場の文化に依存します。オープンなコミュニケーションが望ましい場合もあれば、不利に働く可能性もあり、慎重な判断が求められます。

介護業界は、タトゥーを含む多様性への対応を通じて、より包括的で開かれた職場環境の構築に努める必要があります。タトゥーの取り扱いは、業界の進歩と多様性の受け入れにおける重要な指標となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA