入浴介助で髪がボサボサ?介護士におすすめの3つの髪型とヘアバンドの活用方法

※この記事には広告が含まれる場合があります。

介護職は、多くの人々の生活を支える重要な役割を担っています。その中でも、入浴介助は特に重要な業務の一つです。

そんな入浴介助を行う介護士達にありがちな悩みの一つが「髪の毛がボサボサになる」というものです。

入浴介助は基本的に湿気と熱気に満ちた環境の為、手入れをしてきれいにセットした髪も、ボサボサになってしまうことが多いです。

ここでは同じような悩みを持つ介護士達の意見や口コミ、そして髪の毛がボサボサにならない為の工夫などについて深堀していきます。

入浴介助で化粧はする?現場で働く介護士達の意見・口コミまとめ 入浴介助で痩せるって本当?過酷な仕事でも意外と痩せない理由

入浴介助で髪の毛がボサボサになる?介護の現場で働く介護士達の意見・口コミ

https://twitter.com/kkkannaaa0018/status/1701065631515427081
https://twitter.com/camelia_85b/status/1689997005857198145
https://twitter.com/aricia43/status/1673567380163923968

やはり皆さん入浴介助で髪の毛がボサボサになってしまっているようです。

入浴介助時でもボサボサになりにくい3つの髪型

入浴介助時の湿気と戦うためには、まず適切な髪型を選ぶことが重要です。以下のスタイルは、湿気に強く、介護の仕事にも適しています。

①ショートヘア

メリット管理が簡単: ショートヘアは、長い髪に比べて手入れが簡単で、スタイリングにかかる時間も少ない
・湿気に強い: 短い髪は湿気の影響を受けにくく、入浴介助時の湿気や汗で髪型が崩れることが少ない
・清潔感: 短い髪は清潔感があり、プロフェッショナルな印象を与えやすい
デメリットスタイルのバリエーションが限られる: 短いため、ヘアスタイルの変更が難しい場合がある
・顔の形によっては似合わない可能性も: 顔の形によっては、ショートヘアが似合わないこともある

②ポニーテール

メリット簡単にまとめられる: 長い髪でも、ポニーテールにすることで手早くまとめることができる
活動的な印象: ポニーテールは動きやすく、活動的な印象を与える
・スタイルの変更が容易: 高さや結び方を変えることで、簡単に異なるスタイルを楽しむことができる
デメリット髪が乱れやすい: 激しい動きや長時間の作業で髪が緩んだり乱れたりしやすい
髪のダメージ: 髪を一箇所で締め付けるため、髪へのダメージが生じることがある

ポニーテールの位置を低めにすることで髪の動きを抑え、乱れにくくなります。

③お団子

メリット髪が顔にかからない: 髪をしっかりとまとめるため、作業中に髪が顔にかかることがない
清潔で整った印象: 整った印象を与え、プロフェッショナルな雰囲気がでる
・多様なアレンジ: お団子の位置や形を変えることで、さまざまなスタイルを楽しむことができる
デメリットスタイリングに時間がかかる: ポニーテールやショートヘアに比べてスタイリングに時間がかかる
・頭皮への負担: 長時間固定すると頭皮に負担がかかることがある

髪がボサボサになるのを防ぐおすすめのヘアアクセサリー

ヘアバンドやヘアクリップは、髪型を整えるだけでなく、湿気から髪を守るのにも役立ちます。

ここでは髪の毛がボサボサになりにくくなるおすすめのヘアアクセサリーについて紹介します。

ヘアバンド

メリット前髪の固定:前髪がしっかりと押さえられるので、髪の毛が顔にかからない
・視界の確保:髪の毛が顔にかからないので作業中の視界を確保しやすい
汗や湿気の吸収:汗や湿気を吸収する素材のヘアバンドは、湿気の多い環境での作業に適している
・髪の毛が乱れにくい:しっかりと固定できるので髪が乱れない
・スタイリッシュ:様々なデザインや色があるため、ファッションの一部としても楽しめる
デメリット圧迫感: 長時間の使用により、頭皮や額に圧迫感を感じることがある
・ズレる可能性: 激しい動きを伴う作業では、ヘアバンドがずれることがある
・髪に癖がつく:長時間使用をしていると髪の毛が抑え込まれて癖がついてしまう

ヘアゴム

メリットスタイリングの簡単さ: ヘアゴムを使用すると、迅速かつ容易に髪をまとめることができる。これは特に忙しい朝や運動時に便利。
多様なスタイル: ポニーテール、ハーフアップ、バン、ブレイドなど、様々なヘアスタイルを簡単に作ることができる。
清潔感のある外見: 髪を顔から遠ざけることで、清潔感のある外見を保つことができる。これは特に暑い季節や料理をする際に有効。
髪の絡まりの防止: 髪が長いと絡まりやすくなりますが、ヘアゴムでまとめることでこれを防ぐことができる。
デメリット髪のダメージ: ヘアゴムをきつく締めすぎたり、同じ位置で繰り返し使用することによって、髪の毛が抜けたり切れたりする可能性がある。
頭皮への圧迫感: 長時間ヘアゴムを使用すると頭皮に圧迫感を感じることがあり、これが頭痛の原因になることもある。
髪型の限定: ヘアゴムを使用すると、髪型のバリエーションが限定されがち。特にフォーマルな場面では、もっと洗練されたヘアアレンジが求められることもある。
使用後の跡: ヘアゴムを長時間使用すると、髪に跡がつきやすく、スタイルを変える際に不都合が生じることがある。

日常でできる髪のケア方法

介護の仕事は、髪にとって厳しい環境をもたらすことがしばしばあります。

湿気、汗、そして頻繁な髪型の変更は、髪の健康に影響を与える可能性があります。

そのため、日々のヘアケアルーチンは、髪の健康を保ち、仕事中の快適さを維持するために非常に重要です。

ここでは日常でできる髪のケア方法について紹介します。

髪がまとまりやすいシャンプーとコンディショナーを使う

髪質に合ったシャンプーとコンディショナーを選びましょう。入浴介助で髪の毛がボサボサになりやすい人はボリュームダウン系のシャンプーを使用するのも有効です。

エッセンシャル フラット ボリュームダウン シャンプー

【くせ毛・うねり髪のケアに】
毎日のシャンプー&トリートメントで365日使うたび、髪扱いやすく、形づけやすくする「エッセンシャル フラット」シリーズ。
くせ・うねり髪でも毛先までまとまるスタイルを実現します。


【ボリュームダウン】
素直で広がりにくい髪を実現する「ボリュームダウン」ラインのくせ・うねりメンテナンスシャンプーです。


【指通りのいい髪へ】
ゴワつき除去成分配合※(※洗浄コハク酸 ※コハク酸、ラウレス硫酸アンモニウム)。
ゴワつく髪の原因の1つ、髪内部のカルシウムを洗浄します。
気になる髪のくせ うねりをケアし、扱いやすいうるおいしっとり髪へ。

髪に優しいドライヤーの使用

髪を乾かす際は、低温設定を使用し、髪から少し離してドライヤーを当てましょう。高温での乾燥は髪を傷める原因になります。

Nobby by TESCOM

・国内約70%の美容室で使われているサロンシェアNO.1ブランド
・プロテクトイオンによる静電気抑制(プラスとマイナスのイオンを同時に放出。それぞれのイオンが髪に働いて静電気を抑制)
・髪の広がりを抑え、ツヤを与えるドライヤー

日常でできるその他のヘアケア

  • 定期的なトリートメント:週に一度は、深い保湿や栄養を与えるヘアトリートメントを行いましょう。これにより、髪のダメージを修復し、健康を維持できます。
  • 髪を締め付けない:髪を強く締め付けるヘアスタイルは避け、髪に優しいヘアアクセサリーを選びましょう。特にゴムバンドは髪を傷めることがあるので注意が必要です。
  • バランスの取れた食事:髪の健康は食生活にも影響されます。バランスの良い食事を心がけ、ビタミンやミネラルを十分に摂取しましょう。
  • 十分な水分摂取:体内の水分バランスは髪の健康にも影響します。日々十分な水分を摂ることで、髪を内側から潤しましょう。
  • ストレス管理:ストレスは髪の健康に悪影響を及ぼすことがあります。リラクゼーションの時間を持ち、ストレスを適切に管理しましょう。

Q&A

介護士が入浴介助時に髪の毛がボサボサになりにくい髪型は何ですか?
入浴介助時にボサボサになりにくい髪型としては、ショートヘア、ポニーテール、お団子ヘアなどがあります。これらのスタイルは、湿気や動きに強く、髪が顔にかかりにくいです。
ヘアバンドとヘアクリップの使用にはどのようなメリットとデメリットがありますか?
ヘアバンドは前髪を固定し、汗や湿気を吸収するメリットがありますが、長時間の使用は圧迫感を感じることがあります。ヘアクリップは髪を簡単にまとめることができますが、髪へのダメージや固定力の問題がある場合があります。
日常でできる髪のケア方法にはどのようなものがありますか?
日常のヘアケアには、適切なシャンプーとコンディショナーの選択、定期的なトリートメント、優しいドライヤーの使用、髪を締め付けないスタイルの選択、バランスの取れた食事、十分な水分摂取、ストレス管理などがあります。

まとめ

この記事を通じて、介護士としての日々の業務中に直面する髪の問題に対処するための様々な方法を探求しました。ここで、重要なポイントを再確認しましょう。

  1. 適切な髪型の選択: ショートヘア、ポニーテール、お団子ヘアなど、湿気や動きに強いスタイルを選びましょう。
  2. ヘアアクセサリーの活用: ヘアバンドやヘアクリップを使用して、髪が顔にかからないように工夫しましょう。
  3. 日々のヘアケア: 適切なシャンプーとコンディショナーの選択、定期的なトリートメント、優しいドライヤーの使用などで、髪の健康を保ちましょう。
  4. 適切なヘアケア製品の選択: 入浴介助に適した製品を選び、ヘアオイルやスプレーで髪を保護しましょう。

介護士としての仕事は、身体的にも精神的にも要求が高いものです。

しかし、自分自身のケアを怠らないことで、より良いサービスを提供し、自己満足感を高めることができます。

髪のケアは、自己表現の一部であり、自信とプロフェッショナリズムを高める要素です。

あなたの尽力と献身に感謝し、日々の業務において、これらのヒントが少しでもお役に立てれば幸いです。

自分自身のケアを忘れずに、毎日を美しく、健康的に過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA