認知症患者が通帳を紛失?通帳の隠し場所とは?家族による安全な資産管理方法

※この記事には広告が含まれる場合があります。

認知症を抱える家族がいるということは、多くの苦労や責任を伴います。中でも、金銭管理は特にデリケートで重要な問題です。

認知症の進行に伴い、大切な通帳や印鑑を紛失したり、不適切な場所に保管してしまうことがあります。これは、家族にとって大きな心配事となり得ます。

このブログでは、認知症の方が通帳や重要な書類を安全に管理するための実用的なアドバイスを提供します。実際の事例から学ぶ対処法、法的な側面の理解、そして家族とのコミュニケーションの重要性について掘り下げていきます。

また、通帳の安全な保管方法やデジタルツールの活用についても触れ、認知症の方とその家族が直面する困難に対処するための具体的なガイドラインを提供します。

認知症患者が通帳、印鑑、財布などを隠しやすい場所とは?

認知症は、記憶や判断力、日常生活のスキルに影響を及ぼします。これにより、通帳や印鑑などの重要な書類の管理が困難になることがあります。

特に家族を困らせる事例の一つに、認知症の方が通帳、印鑑、財布などを「安全な場所」に隠してしまい、その場所を忘れてしまうケースがあります。

認知症の方がよく隠す傾向がある場所を紹介するので、探す際のヒントにしてみてください。

認知症の方が通帳を隠しやすい場所

認知症の方は、しばしば通帳や重要な書類を「安全だ」と思う場所に隠すことがあります。

しかし、その場所を忘れてしまうことが多く、家族はどこを探せばよいのか戸惑うことがあります。以下は、認知症の方が通帳などを隠しやすい場所を紹介します。

大前提として、認知症の方が場所を思い出す場合もありますので、まずは優しく本人に場所を尋ねてみてください。その上で、本人の習慣なども考慮して、以前にも同じような場所に物を隠したことがある場所などから優先的にチェックするようにしましょう。

日常的に使用するアイテムの中・よく着る服のポケット、財布、ハンドバッグ
・読みかけの本や雑誌の間、引き出しの奥
・食器棚や冷蔵庫の中
家具の隙間や不思議な場所・ソファのクッションの下、ベッドの下
・本棚の背後、家具の裏側
・部屋の隅やほこりのたまりやすい場所
以前の習慣に関連する場所・以前に金銭を管理していた場所(例:デスクの引き出し)
・以前使用していた財布やバッグ
・旧居や以前の職場に関連する場所
非論理的な場所・洗濯機や乾燥機の中
・キッチンの食器棚や鍋、フライパンの中
・ゴミ箱やリサイクルボックス
・植物の鉢や装飾品の中

認知症患者から家族や介護士が通帳や財布を盗んだと疑われる「もの盗られ妄想」の対処方法

認知症の方は通帳、印鑑、財布などの隠した場所を忘れてしまうだけでなく、最悪の場合は「通帳を盗んだ」と身近な家族や介護士達を疑ってしまうことがあります。

このような認知症の方が自分で隠した通帳や財布の場所を忘れ、家族や介護士が盗んだと誤って疑う事例は、残念ながら珍しくありません。

このような状況は、家族や介護士にとって大きなストレスとなり、信頼関係を損なう原因となり得ます。以下に、このような状況を適切に対処する方法を紹介します。

①冷静に対応する

認知症の方が家族や介護士を不正行為で疑う場合、冷静な対応は非常に重要です。このような状況は感情的になりがちですが、冷静さを保つことが、認知症の方を安心させ、状況を穏やかに解決する鍵となります。

認知症の方の疑念は、病気によるものであり、個人的な攻撃ではないということを理解しましょう。

感情的な反応は状況を悪化させ、認知症の方をさらに不安にさせる可能性があるので、できるだけ冷静に対応して、認知症の方に安心感を与えることが大切です。

冷静さを保つコツ

深呼吸をする:緊張を感じたら、深呼吸をして落ち着く。
感情をコントロールする:怒りやイライラを感じたら、一時的にその場を離れて落ち着く時間を取る。
状況を客観的に評価する:認知症の方の行動を病気の症状として捉え、個人的な攻撃とは切り離して考える。
穏やかな声のトーンを使う:声のトーンを落ち着かせ、優しく話すことで、認知症の方を安心させる。
肯定的な言葉を選ぶ:否定的な言葉遣いを避け、肯定的で理解を示す言葉を使う。
状況を共有する:他の家族や介護士と情報を共有し、一貫した対応を取る。

②穏やかに説明する

認知症の方が家族や介護士を不正行為で疑う場合、穏やかな説明は非常に重要です。

認知症の方は、現実と幻想の区別がつきにくくなっていることがあり、そのために不安や恐れを感じることがあります。

こうした状況での「穏やかな説明」は、認知症の方を安心させ、状況を穏やかに解決するのに役立ちます。

認知症の方は、言葉の意味よりもトーンや態度に反応することが多いので「穏やか」であることがとても重要です。穏やかで理解あるアプローチは、信頼関係を維持し、コミュニケーションを促進しやすくなります。

穏やかに説明をするコツ

落ち着いた声のトーンを使用する:声の高さや強さを抑え、穏やかに話す。
シンプルで明確な言葉を選ぶ:複雑な説明を避け、簡単でわかりやすい言葉を使う。
繰り返し説明する:認知症の方は同じ情報を何度も必要とすることがあるため、根気強く繰り返す。
非言語的コミュニケーションを活用する:身振り手振りや表情を使って、言葉の意味を補強する。
感情を共有する:認知症の方の感情を理解し、共感を示すことで安心感を与える。
ポジティブなフィードバックを提供する:小さな成功や理解を示した際には、肯定的なフィードバックを与える。

③物を探す手助けをする

認知症の方が通帳や財布などの物を見つけられない場合、家族や介護士が探す手助けをすることは、その人を安心させるだけでなく、信頼関係を強化する機会にもなります。

物を一緒に探すプロセスは、認知症の方に対する理解とサポートを示す重要な方法です。

一緒に物を探す際のコツ

共感を示す:「それは困ったね」「一緒に探しましょう」といった言葉で共感を示す。
穏やかに探す:焦らず、落ち着いて一緒に探すことで、認知症の方を安心させる。
認知症の方を巻き込む:可能な限り、認知症の方を探索プロセスに参加させる。
探す場所を提案する:以前に物を見つけた場所や、物が隠されやすい場所を提案する。
見つかったら穏やかに伝える:物が見つかったら、「ここにありましたね」と穏やかに伝える。

認知症患者がいる家族のお金の管理方法

認知症になると、財布や通帳の紛失なども含めて資金管理が困難になり、金銭トラブルが発生する可能性が高まります。

例えば、計画性や判断能力の低下により、年金をすぐに使い果たしたり、高額な商品を衝動買いしたりすることがあります。

また、高齢者を狙った詐欺や悪徳商法の被害に遭いやすくなります。さらに、物盗られ妄想により、家族や知人がお金を盗んだと誤解することもあります。

こういったお金に関するトラブルを防ぐ方法として「成年後見制度」というものがあります。

成年後見制度の利用

認知症、 知的障害、精神障害などの理由で、ひとりで決めることが心配な方々は、財産管理(不動産や預貯金などの管理、遺産分割協議などの相続手続など)や身上保護(介護・福祉サービスの利用契約や施設入所・入院の契約締結、履行状況の確認など)などの法律行為をひとりで行うのがむずかしい場合があります。

また、自分に不利益な契約であることがよくわからないままに契約を結んでしまい、悪質商法の被害にあうおそれもあります。

このような、ひとりで決めることに不安のある方々を法的に保護し、ご本人の意思を尊重した支援(意思決定支援)を行い、共に考え、地域全体で明るい未来を築いていく。それが成年後見制度です。

厚生労働省ホームページより

認知症になった場合、成年後見制度を利用することができます。

この制度は、認知症などで判断能力が不十分になった人を守るために設けられており、法定後見と任意後見の2種類があります。

法定後見は、判断能力が不十分な場合に家庭裁判所によって選任された後見人が財産を管理します。

任意後見は、判断能力があるうちに、将来のために後見人を自ら決めておくものです。

その他の金銭管理の方法

成年後見制度以外にも、日常生活自立支援事業のサポートを受けることができます。

これには、日常的な金銭管理サービスや書類等の預かりサービスが含まれます。

また、資産承継信託を利用することも一つの方法です。これは、資金を銀行に預け、特定の条件下で本人や家族がお金を引き出せるようにするサービスです。

日常生活でのサポート

認知症の家族をサポートするためには、買い物に同行する、資産の状況をチェックして記録するなどの方法があります。これにより、不必要な出費を抑えたり、資産の無駄遣いを防いだりすることができます。

認知症患者がいる家族の「財布や通帳の紛失」「もの盗られ妄想」体験談・口コミ

https://twitter.com/Mioron_bailaora/status/1723150790691565866

Q&A

認知症の方の通帳や財布の管理にはどのような重要性がありますか?
認知症の方は、通帳や財布などの重要なアイテムを紛失したり、不適切に使用するリスクが高まります。適切な管理は、金銭的なトラブルを防ぎ、認知症の方の安全と安心を確保するために重要です。
認知症の方が通帳を隠しやすい場所はどこですか?
認知症の方は、通帳を衣類のポケット、引き出しの奥、本の間、家具の隙間など、日常的にアクセスしやすいが目立たない場所に隠すことがあります。
認知症の方から盗難を疑われた場合、どのように対処すべきですか?
冷静に対応し、穏やかに事実を説明し、物を一緒に探す手助けをすることが重要です。これにより、認知症の方の不安を和らげ、信頼関係を維持することができます。
通帳の安全な保管方法にはどのようなものがありますか?
ロック可能な引き出しやキャビネット、家庭用の小型金庫、隠し場所、信頼できる家族の元での保管などが効果的です。
認知症患者の金銭管理に役立つデジタルツールは何ですか?
オンラインバンキング、自動支払い設定、家計簿アプリ、アラートサービスなどが有効です。これらは日々の支出の追跡や不審な取引の監視を容易にします。
成年後見制度のメリットとデメリットは何ですか?
メリットには、保護と安心、適切な判断、家族間のトラブル防止があります。デメリットには、プライバシーの問題、コスト、制限される自由が含まれます。
認知症患者がいる家族が金銭トラブルを防ぐためにはどのような対策が有効ですか?
成年後見人制度の利用、日常生活自立支援事業、資産承継信託の活用、買い物への同行、資産の状況のチェックと記録などが有効です。これらの対策は、認知症患者を金銭トラブルから守るのに役立ちます。

まとめ

認知症患者の家族が直面する最大の課題の一つは、金銭管理と財産保護です。

認知症の進行に伴い、患者は通帳や財布の管理が難しくなり、金銭的なトラブルに巻き込まれるリスクが高まります。

このため、家族や介護者は、通帳や財布の安全な保管場所を確保し、デジタルツールを活用して金銭管理を効率化することが重要です。

また、認知症患者が物を紛失したと感じた際には、冷静な対応と穏やかな説明、物を一緒に探す手助けが必要です。

成年後見制度の利用は、認知症患者の財産と権利を保護する有効な手段ですが、プライバシーの問題、コスト、自由の制限などのデメリットも考慮する必要があります。

家族はこれらのメリットとデメリットを理解し、患者にとって最適な選択をすることが求められます。

最終的に、認知症患者の家族によるお金の管理は、患者の尊厳と安全を守るために不可欠です。

適切な管理方法を選択し、必要に応じて専門家の助けを求めることで、認知症患者を金銭トラブルから守り、その生活の質を高めることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA